古代史テキスト MENSAの頭脳が解く古代史。神武東征をキーテーマに古代史の謎を解明。邪馬台国とは。卑弥呼とは。聖徳太子の地位は。九州王朝はあったのか。魏志倭人伝とは。古事記、日本書紀は偽書なのか 古代史テキスト
古代史テキスト
神武東征に至る前時代、縄文~弥生の社会とは

弥生人と縄文人
列島の人口推移
流通が示す縄文国家
海洋国家と稲作
全国規模の国家システム

古代史の謎を産み出してきた最重要課題

古事記・日本書紀の定義
国号問題
 ―「やまと」と倭の読み―

縄文国家の政治レベル、支配の規模は如何なるものか

倭国の首都たる地
列島を貫く大動脈
倭国の統治体制
大型古墳集中の謎
 ≫≫古墳マップを開く
白村江の戦い/第一証言

神武東征はどのような社会のもとに発生したか

神武東征の俯瞰構図
神武天皇の意外な地位
神武が初代天皇である理由
「やまと」は特別な地
 大和朝廷と天皇家

様々な疑問の帰結、誤解釈が生み出した謎の数々

「記紀」史書定義の確定
 ―記紀が描く歴史領域―
神代と神について
国産みの空白地の謎
天皇家、倭王への道
倭王就任と日本国誕生




MENSAの頭脳が古代史の謎を悉く解き明かす-古代史テキスト

当サイトはこれまでの古代史認識をすべて塗り替える、つまりイニシャライズすることを意図して作られている。 「倭の五王の比定」「アメノタリシヒコ=聖徳太子」など、皇国史観に引きずられた解釈は言わずもがな、大和王権と対峙する考えである「九州王朝説」などもイニシャライズの対象となる。 つまり、矛盾の存在する説はすべて切り捨て、真実のみで古代史を再構築するという試みを行うものである。
<<<続きを読む(最初に必ずお読みください)

神は実在する。日本神話の神とは何者なのか?
日本書紀は神武以前を「神代」とし、神の時代と人の時代という区切りを設けた。しかし、神代は「神話」なのだろうか。「神」の尊称を持つだけで架空の人物と決めつけていいのか。神とは一体何者だったのかを問う。

史書にある倭・日本は本当に「やまと」と読むのか?
古代史に「謎」を作り出しているのは我が国独特の国号にあるのではないだろうか。「倭・日本」は本当に「やまと」と読まれたのか。すべての発端は「日本此云耶麻騰下皆效此」の一文にある。国号の正しい解釈に迫る。

神武はなぜ初代天皇なのか?
邇邇芸命など名だたる先代を有するにもかかわらず、神武は自らを初代と位置付ける。なぜ、邇邇芸命たちを系譜から抹殺したのか

白村江の戦い、第一証言
倭国が百済救済のために大軍を派遣した白村江の戦い。倭国を九州に求める論者はこの敗戦により九州王朝が衰退したと説くが、その考えに理はあるのか。

日本書紀、古事記の資料性格定義を見直す
「日本書紀」は対外向け、「古事記」は国内向けという定義からは、記紀の間に横たわる差異問題のただ一つも説明できないでいる。この定義は正しいと言えるのか。





Copyright(c) 2007-2018 Salon de Sophia . All rights reserved
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


§ プライバシーポリシーについて § 古代史テキスト事務局へのお問合せ  § 著作・監修 §

MENSA会員
神武東征

統一倭国と神武東征: 古代史「原論」


魏志倭人伝

ワルツ・フォー・デビイ【完全版】

新品価格
¥3,292から
(2017/7/13 18:42時点)


九州王朝

大化の改新

天孫降臨

卑弥呼