古代史テキスト MENSAの頭脳が解く古代史。神武東征をキーテーマに古代史の謎を解明。邪馬台国とは。卑弥呼とは。聖徳太子の地位は。九州王朝はあったのか。魏志倭人伝とは。古事記、日本書紀は偽書なのか 古代史テキスト
古代史テキスト
神武東征に至る前時代、縄文~弥生の社会とは

弥生人と縄文人
列島の人口推移
流通が示す縄文国家
海洋国家と稲作
全国規模の国家システム

古代史の謎を産み出してきた最重要課題

古事記・日本書紀の定義
国号問題
 ―「やまと」と倭の読み―

縄文国家の政治レベル、支配の規模は如何なるものか

倭国の首都たる地
列島を貫く大動脈
倭国の統治体制
大型古墳集中の謎
 ≫≫古墳マップを開く
白村江の戦い/第一証言

神武東征はどのような社会のもとに発生したか

神武東征の俯瞰構図
神武天皇の意外な地位
神武が初代天皇である理由
「やまと」は特別な地
 大和朝廷と天皇家

様々な疑問の帰結、誤解釈が生み出した謎の数々

「記紀」史書定義の確定
 ―記紀が描く歴史領域―
神代と神について
国産みの空白地の謎
天皇家、倭王への道
倭王就任と日本国誕生





{ 投稿する } (49631)

■人口遷移が語る列島の勢力図

国力は生産力とそれを支える人口に比例する。技術的に大きく差がない縄文期において、列島の人口分布はそのまま地域の「力」を表すものとなる。
縄文から弥生にかけて人口がどのような変化を辿ったかを見て行こう。
左表はこれまでも様々な場面で紹介されているが、小山修三氏が、全国の遺跡の密度や質を基礎データに、地域特性・環境要素などを加えた数理モデルから算出した縄文から弥生時代の人口分布である。

                 
縄文早期(8100年前) 縄文前期(5200年前) 縄文中期(4300年前) 縄文後期(3300年前) 縄文晩期(2900年前) 弥生時代(1800年前)
遺跡数 推定人口 遺跡数 推定人口 遺跡数 推定人口 遺跡数 推定人口 遺跡数 推定人口 遺跡数 推定人口
東北 249 2,000 801 19,200 1,945 46,700 1,824 43,800 1,645 39,500 597 33,400
関東 1,213 9,700 1,782 42,800 3,977 95,400 2,148 51,600 321 7,700 1,768 99,000
北陸 52 400 175 4,200 1,026 24,600 654 15,700 214 5,140 370 20,700
中部 377 3,000 1,055 25,300 2,995 71,900 918 22,000 250 6,000 1,503 84,200
東海 278 2,200 209 5,000 550 13,200 317 7,600 275 6,600 987 55,300
近畿 35 300 72 1,700 118 2,800 183 4,400 88 2,100 1,934 108,300
中国 53 400 54 1,300 51 1,200 98 2,400 84 2,000 1,050 58,800
四国 30 200 18 400 10 200 111 2,700 21 500 538 30,100
九州 243 1,900 233 5,600 221 5,300 419 10,100 261 6,300 1,877 105,100
全国合計 2,530 20,100 4,399 105,500 10,893 261,300 6,672 160,300 3,159 75,800 10,624 594,900
 

ただし、このデータは、発見済みの遺跡を対象とし、遺跡の数の多さが人口算出の基準となっているため、公平に地域ごとの人口ボリュームを物語るものではないと断っておきたい。
たとえば四国の人口が縄文期を通して僅か200~400人となっている。一般的に人口を試算する計算式には「人口支持力」というファクターが使われることが多い。環境が持つ食料供給能力や平野部の居住可能面積の比較などによってその地域でどれほどの規模の人口を支えられるかを算出するのである。その視点から見れば、四国が極端に他地域と劣っている点は認められない。海産物が豊かな漁場にも恵まれているし、平野部も少なくない。どの項目も西日本の他地域と四国の間に大きな差がないことを考えると、このデータが公平性を欠いていることがわかる。四国に限らず、他の地域にもそういった誤差があることも十分考えられる。多くの場面で引用される資料であるが、これがそのまま縄文期からの人口変移だったと云うことでなく、ひとつの目安と捉えて、活用するのがいいかもしれない。本稿もそれを理解した上で、引用させていただいた。
右表の数字を使って、次の図表では人口推移を地域別の棒グラフにしてみた。



紀元前五〇〇〇年頃九州南部を襲った鬼界カルデラ大噴火の影響もあったかもしれないが、縄文中期には九州・四国地方の人口は激減しており、東日本に大きく比重が偏っていた状態が、縄文後期まで続いている。しかし弥生期にはある程度全国的に平均化されてきた状況が見える。これは九州が再び生活の場となり、さらに稲作技術も陸稲から水稲へと進化し、東日本優位であった食糧生産能力の地域格差が縮まったこと、またさらに縄文晩期から弥生にかけ気候の寒冷化に伴う環境変化が影響したこと、以上の要因がもたらした結果だと思われる。このように、気象学・地質学など科学的データの結果とリンクした変化を辿っているというのは、非常に自然な経年変化と見なせるのである。

さて、人口の変移を追ってみたが、やはりここでも列島の構造に影響を及ぼすような大きな変動はまったく見られず、縄文から弥生時代にかけて人種が入れ替わったなどという大変動の表徴は微塵も表れていないということがわかるのである。

客観的なデータを挙げれば挙げるほどどうも定説には歩が悪い事実ばかりが現われてくる。
このコーナーで縄文期の再考を行ったのは、上記のような事実が存在するからである。
DNA、形態人類学、人口遷移、など、様々な分野の研究からも定説を後押しするデータが上がらないという状況では、縄文期のイメージは改めなければならないだろう。過去に一度として民族を塗り替えるような人の流入がなかったと結論付けるしかないように思える。われわれは、ここにおいて、これまでの常識であった縄文と弥生の民族的断絶という考えを潔く捨て去り、弥生期は縄文からの連続体で営まれたのではないかという仮説に立って、歴史考察をやり直す必要があるのではないだろうか。



HOME

Copyright(c) 2007-2018 Salon de Sophia . All rights reserved
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


§ プライバシーポリシーについて § 古代史テキスト事務局へのお問合せ  § 著作・監修 §

MENSA会員
神武東征

統一倭国と神武東征: 古代史「原論」


魏志倭人伝

ワルツ・フォー・デビイ【完全版】

新品価格
¥3,292から
(2017/7/13 18:42時点)


九州王朝

大化の改新

天孫降臨

卑弥呼